第二の人生 役立つ 情報

2級ボイラー技士 合格 ポイント

2級ボイラー技士 合格 ポイント

 

実は2級ボイラー技士試験に楽々合格するためには3つのポイントを押さえることが大切です。

 

一発合格するための3つのポイント

 

何を勉強するのか?
どうやって勉強するのか?
どれくらい勉強するのか?
この3つのポイントをハッキリさせることで試験勉強が加速度的にはかどるのです。ではこの3つのポイントを満足させるためには具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

一発合格のポイント1「何を勉強するのか?」

 

実はそれは簡単です。試験に出るところを中心に勉強を進めれば良いのです。
「試験に出るところ」と聞いてパッと思いつくのが「過去問題」ではないでしょうか。
そう、極論すると過去数年分の過去問の内容をそっくり覚えてしまえば、楽々合格可能なのです。なぜなら試験問題は過去問の焼き直しだからです。

 

「ウソだ!過去問なんてやってもしょうがないでしょ?だって一度出た問題なんて二度と出ないでしょ!?」ごくまれにこう思っている人がいます。でもそれは大きな間違いです。一度出た問題が出るのです。しかも繰り返し何度も出るのです。

 

2級ボイラー技士試験に限らずほとんどの国家試験は過去問から出来上がってるといっても過言ではありません。試験問題作成者は過去数年間に出題された問題を散りばめたり、ちょっとだけ内容を変えて新たな問題を作るのです。 なぜならそのほうが簡単に問題が出来上がるからです。

 

実は2級ボイラー技士試験に 最短で一発合格するためには、そこが一番大切なポイントなのです。ですから過去問をしっかり押さえることが合格への大前提なのです。

 

ただ、過去問を中心にした勉強法には1つだけ弱点があるのです。

 

過去問の弱点とは?

 

例えば以下の問題をご覧ください。

 

【問題】重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。
1.重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
2.重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。
3.重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
4.重油の引火点は、密度が小さくなると高くなる。
5.重油の単位質量当たりの発熱量は、密度が小さくなると大きくなる。

 

平成23年後期試験出題問題

 

混乱
この手の問題は受験者の頭を“こんがらがらせる”典型例です。

 

正解は4番です。「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」が正しい答えです。

 

では、試験勉強をするときには4番の「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」とだけ覚えれば良いでしょうか?違いますよね。

 

もしかすると次の試験では3番の「重油の比熱と密度の関係」について出題されるかもしれませんし、2番の「重油の粘度と温度の関係」について出題されるかもしれませんよね。

 

と言うことは、結局は5つの選択肢全部の内容を覚えなければいけないことになるのです。そうすると、「とにかく過去問が大切だから何度もくり返そう!」と思ってもこんな順路をたどるのです。

 

過去問を解く⇒答え合わせをする⇒選択肢の内容をすべて確認する⇒よくわからない項目がある⇒教本や参考書で該当部分を探す⇒やっと見つける⇒内容をチェックする…

 

というように、とんでもなく時間と労力がかかってしまうのです。

 

そして【過去問⇒教本⇒過去問⇒教本…】という無限スパイラルにはまってしまうのです。

 

その結果どうなるのかと言うと、「過去問はやったけど全然覚えていない…」というシャレにならない結果になり、残念ながら試験も…と言うことになりかねないのです。

 

では、無限スパイラルにはまらないためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

試験に出るところだけにポイントを絞る!

 

例えば先程の問題を見てください。

 

【問題】重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。
1.重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
2.重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。
3.重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
4.重油の引火点は、密度が小さくなると高くなる。
5.重油の単位質量当たりの発熱量は、密度が小さくなると大きくなる。

 

平成23年後期試験出題問題

 

この問題の答えは4番で、「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」が正しい答えです。

 

しかも、この選択肢の内容「引火点の低い重油は密度が小さい」は過去6年間で5回も出題されているのです。ということは、重油の性質で一番最初に覚えるべき内容は「引火点の低い重油は密度が小さい」なのです。

 

このように、よく出るところと、全く出ないところは既に決まっているのです。

 

毎年と言って良いほどよく出る問題
たまに出る問題
なんとなく知っておくだけ良い問題
無視して良い問題
実は過去問はこのように出題ランク分けできるのです。
ですからあなたが暗記すべきポイントは1番のよく出る問題と、たまに出る問題、極論するとこの2つの最重要問題だけに集中して勉強することが合格への最短ルートなのです。

 

くわしくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2級ボイラー技士「過去問合格ノート勉強法」

 

 

・・・・・・・・・

 



ゆずって もらって


 


 

南野武のミニマリストへの旅


 

きれいになりま専科


 

ダイエットしま専科


 

主婦のための小遣い稼ぎ


 

子育てお助け情報


 

みんなのなやみ


 

人生が変わる情報


 

第二の人生 役立つ 情報

 


最新ランキングサイト


 

ジビエで疲労回復・皮膚の健康・新陳代謝


かいごの森


話題の着うた取り放題


よく当たる話題の占い館


役立つ情報 アルバイト 求人就活 ガイド


話題の美容 健康 ダイエット情報


高収入 就活有利 旬の資格情報


初心者向け ギャンブル必勝


関連ページ

WE SHOP
高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題が頻発しています。あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々それらの問題を解決するお手伝いができないかとこのサイトを作りました。
着物 買い取り クチコミ
高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題が頻発しています。あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々それらの問題を解決するお手伝いができないかとこのサイトを作りました。
フィリピンで暮らす
高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題が頻発しています。あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々それらの問題を解決するお手伝いができないかとこのサイトを作りました。また、マイナス面ばかりでなく充実した老後を過ごすための情報も取り上げていこうと考えています。
童謡を口ずさんでいる
第二の人生、第三の人生、などとよく言われるようになりました。 充実した第二の人生、第三の人を過ごすための情報も取り上げていこうと考えています。 しかし、高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題も頻発しています。 あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々 それらの問題を解決するお手伝いもできないかと、このサイトを作りました。