第二の人生 役立つ 情報

男のオーガズム術

男のオーガズム術

 

 

「男性の快感」と「女性の快感」に違いがあるのは当たり前のことですが
では、どのような違いがあるのでしょうか?

 

女性の快感=オーガズムについて女性達は、

 

「ジェットコースターで頂上まで行って、そのあとに落ちるような感覚」
「下半身の神経に集中してて、その後ふわって解き放たれる感じ」
「とにかく、頭の中が真っ白になって、遠いどこかへ行ってしまう感じ」

 

と、いう表現をします。

 

どの女性も解き放たれるという感覚になるようです。

 

実際に「女性的オーガズム」が「男性の射精」と比べて
どれだけ快感に違いがあるかを図で見てみましょう。

 

 

 

 

オーガズムの心地よさというのは、ただ単に激しく強い快感だけが影響しているのはでなく、
それと共に、全身が解き放たれる時の幸福感、充実感、くつろぎ感も加わっての快感だと言えます。

 

オナニーやセックスの時に感じる射精と伴うウェットオーガズムも悪くはないですが、
至高!男のオーガズム術の快感を体験せずしての言葉は、説得力がありません。

 

通常の射精による快感というのは、射精時に一気にピークを迎え、あとは放物線を描いて急激に減少します。

 

上図を見てもわかる様に、射精後は急激に感度が下がる仕組みになっています。
射精後は、すぐに冷めてしまい急激にテンションが下がってしまうのが男性の特徴です。

 

しかし、至高!男のオーガズム術を使用したオーガズムには制限がないので
何度でも女性の様に快感の頂点を極め続ける事が出来るのです。

 

実は、この快感というのはほとんどの男性がまだ知らず、
男性の絶頂は射精した時だけだと思い込んでいる方が多数いらっしゃいます。

 

×勃起しないと快感なんて得ることできない
×男性器への刺激が必要不可欠である
×射精しないと絶頂を感じることができない
×これらのことははっきり言って大きな誤解です!

 

至高!男のオーガズム術は、射精や射精のコントロールがなくても、
オーガズムを得ることが出来るのが大きな特徴なのです。

 

実は、オーガズムというのは、射精発射作用とは一切関係がなく
射精をせずとも感じることができるのです。

 

※ただし、オーガズムと共に射精をする場合はもっと強烈で、
さらに満足できるオーガズムになったと報告を受けています。

 

「至高!男のオーガズム術」は、体力が続く限り、自分の意思で数時間にわたり快感を得ることができます。
射精時の快感の場合は、終わった後に、眠気を感じたり、虚しさを感じたりする男性が多い思いますが
至高!男のオーガズム術を使用して得た快感は、全くそのような現象は起きません。

 

射精をせずにできるオーガズムは、次の射精までの時間、いわゆる「待ち時間」がないので、
「至高!男のオーガズム術」を使用している最中に休憩を挟んでも、
性的興奮状態は継続されているため、再び開始するだけでオーガズムを連続して得る事が可能です。

 

それでは、どうやって「ドライオーガズム」を体感することができるのか。
それについてお伝えしていきます。

 

男性には大きく分けて2つの性感帯があるのをご存知ですか?
まずは、「男性器」です。そして、もう一つは・・・ 「前立腺」(ぜんりつせん)です。

 

男性のアヌスから2〜3センチ中のお腹側(男性器の方向)にクルミ程の大きさの臓器があります。
それが、男性器とは別の性感帯「第2の性感帯」と呼ばれる「前立腺」です。

 

「至高!男のオーガズム術」によって「前立腺」に刺激を与える事で、快感の急上昇が起こり、
その急上昇したピークがドライオーガズムというわけです。

 

前立腺の刺激方法は、基本的に3種類あります。

 

○指を使って直接刺激を与える方法
○専用の器具を使い刺激を与える方法
○会陰部から間接的に刺激を与える方法
○この中でも直接指をアヌスへ入れるというのは初めての方が多いと思いますので
○初心者は、B番の「会陰部から間接的に刺激を与える方法」をお薦めします。

 

しかし、ここで一番大切なことは「前立腺」というのは刺激すればいいというものではなく
初めのうちは強い快感を得ることはできません。
つまり、「感度の開発」という段階を踏んでいかなければなりません。

 

開発なんてできるの?って思われたかもしれませんが、
あるコツとちゃんとした手順を踏めば、効果的に開発することができます。

 


至高!男のオーガズム術


関連ページ

もう一度あのときめきを
高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題が頻発しています。あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々それらの問題を解決するお手伝いができないかとこのサイトを作りました。また、マイナス面ばかりでなく充実した老後を過ごすための情報も取り上げていこうと考えています。
年の差恋愛
高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題が頻発しています。あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々それらの問題を解決するお手伝いができないかとこのサイトを作りました。また、マイナス面ばかりでなく充実した老後を過ごすための情報も取り上げていこうと考えています。
一生独身のまま終わりたくない
第二の人生、第三の人生、などとよく言われるようになりました。 充実した第二の人生、第三の人を過ごすための情報も取り上げていこうと考えています。 しかし、高齢化社会をむかえ、いろいろな諸問題も頻発しています。 あふれるモノの整理・不要品の処理・よりよい葬儀・よいお墓・遺品整理等々 それらの問題を解決するお手伝いもできないかと、このサイトを作りました。